2019に向けラグビー場が新生 ~2017年10月~

2019年のラグビーワールドカップ日本大会(TM)で、予選が行われる熊谷ラグビー場。

2016年夏に始まった改修工事は順調に進んで、現在、新メーンスタンドの姿を見ることができます。新しいメーンスタンドは旧スタンドの真逆の東側に位置し、VIPルームのほか記者会見室、医務室などが新設され、世界基準を備えます。

旧メーンスタンドの座席も全て外されて一人掛け椅子に交換されます。同時に耐震補強の工事が進んでいます。グラウンドを囲むように客席が整備されます。

完成は2018年秋。熊谷ラグビー応援団は工事の進捗状況を随時、配信します。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう