ラッピングバスで県民にPR!

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催まで2年をきり、2日には熊谷ラグビー場で行われる対戦カードが決まるなど、大会機運が高まってきました。

埼玉県は6日、日本大会をさらに盛り上げようと、ワールドカップをイメージできるデザインを施したラッピングバスの運行を開始しました。

県内を走っている国際興業、東武バスウエスト、西武バス、国際十王交通のバス会社4社が協力し、県内の主要都市路線を走ります。

車体は、前回2015年のイングランド大会の写真を基調にしてプレーシーンやW杯のロゴなどで装飾されています。また、ナンバープレートは「2019」と、バス全体がW杯仕様になっています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう