タグ: 15人制

600日前イベント 開催!

  ラグビーワールドカップ日本大会™まで、あと600日。 さらに、大会を盛り上げていこうと28日に熊谷市でイベントを開催します。 カウントダウンボードの除幕式やトークショー、ワークショップなどを色々な催しが盛り […]
続きを読む

glider ~古川志穂美~

熊谷の青空に飛び立つ、女性パイロット。 法政大学理工学部機械工学科3年の古川志穂美(ふるかわしほみ・埼玉県出身)さんです。将来、航空機の整備士になりたいという夢があり、日々、グライダーの機体整備や操縦訓練などに励んでいま […]
続きを読む

glider ~林竜也~

澄み渡る、熊谷の空に白く輝き、鳥のように舞うグライダー。 妻沼滑空場は、気流などの気象条件に恵まれ、学生グライダーの“聖地”。 学生たちの空へのあこがれを描いた漫画「ブルーサーマル」は、ここが舞台です。 関東にある大学航 […]
続きを読む

明けまして おめでとうございます。

本年も「熊谷ラグビー応援団」を、何卒よろしくお願い致します。 昨年は、2019年に開催されるラグビーワールドカップ日本大会™の試合日程や対戦カードが決まり、熊谷市は予選3試合が行われることになりました。 また、会場となる […]
続きを読む

2018 熊谷開催出場国決定!

2019年に開催されるラグビーワールドカップ日本大会™。 来年6月までに、熊谷開催の決まっていない出場国が決まります。 いったい、どこの国が熊谷へやってくるのか・・・ 決まり次第、熊ラグに掲載!  
続きを読む

ニャオざねがワイルドナイツを応援!

写真:(左から)さいたまっち、コバトン、ニャオざね 開幕から負けなしのホワイトカンファレンス首位のパナソニック ワイルドナイツ。 17日、熊谷ホームでの最終戦を迎えました。 試合開始前から熊谷スポーツ文化公園陸上競技場に […]
続きを読む

I♥くま散歩 ~グライダー~

熊谷市は、ラグビーの他にグライダーの聖地だということを知っていますか?   埼玉と群馬の県境にある妻沼滑空場(埼玉県熊谷市葛和田1975) ここは、関東圏にある大学航空部の活動拠点です。   グライダ […]
続きを読む

ラッピングバスで県民にPR!

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催まで2年をきり、2日には熊谷ラグビー場で行われる対戦カードが決まるなど、大会機運が高まってきました。 埼玉県は6日、日本大会をさらに盛り上げようと、ワールドカップをイメージでき […]
続きを読む