女子ラグビーW杯日本代表に8人の候補 アルカス熊谷 – [熊ラグ]ラグビーファン、市民が創る”ラグビー応援”サイト「熊谷ラグビー応援団」
アルカス熊谷

女子ラグビーW杯日本代表に8人の候補 アルカス熊谷

アイルランドで8月に開幕する15人制の女子ラグビーワールドカップ(W杯)に、日本代表候補8選手を送り出す「アルカス熊谷」は7月2日、熊谷市のホテルガーデンパレス熊谷で県内のラグビー関係者など約150人を集め壮行会・激励会を開きました=写真。

代表候補はボギドゥラウマイナダヴェ・マテイトンガ(埼玉自動車学校)、中嶋亜弥(立正大職員)、鈴木彩香(東京日野自動車)、田坂藍(赤城乳業)、末結希(熊谷市役所)、野田夢乃(立正大2年)、黒木理帆(立正大1年)、長田いろは(立正大1年)の8選手。

日本代表は7月末までに代表枠23選手が決定します。アルカス熊谷には8選手以外にも代表入りする可能性を残す選手が他にもいるそうです。日本代表の主力を成すのは「アルカスクィーン熊谷」の選手達ですので、日本代表の躍進のカギを握っています。

アルカス熊谷の山口忠利理事長は「アルカス熊谷は地域のシンボルとして、世界で大いに羽ばたいてほしい」と日本代表候補に対する期待を述べました。また、埼玉県ラグビー協会の富岡清熊谷市長は「去年のリオ五輪の7人制で活躍し、今度は15人制で活躍を期待している」と激励しました。田坂選手らは「一生懸命に闘う」などと、それぞれ活躍を誓っていました。

女子W杯は8月9日に開幕。日本代表は一次リーグでフランス(8月10日)、アイルランド(同14日)、オーストラリア(同18日)と対戦します。日本代表の健闘を期待し、応援しましょう。

女子ラグビーW杯アルカス熊谷壮行会・激励会の様子
女子ラグビーW杯 アルカス熊谷壮行会・激励会の様子

Special

ラグビータウン熊谷を盛り上げるステキな取り組み大募集!

外国の方と楽しくコミュニケーションがとれる簡単で便利な英語のフレーズを紹介します。

ラグビーのルールや素朴な疑問、豆知識などをわかりやすく紹介します。

Sponsored