第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会埼玉県予選決勝  深谷高校、接戦を制す!

DSC_0955s
11月17日、第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会(12/27~1/7花園ラグビー場)の埼玉県予選の決勝が熊谷ラグビー場Aグラウンドで行われた。

2年連続の優勝を目指した第1シード昌平と昨年昌平に敗れた雪辱を果たしたい第2シード深谷という同一カードでの決勝は、先手を取る昌平、追いつく深谷という試合展開の大接戦となった。

前半4分に昌平が先制トライ、11分に深谷に追いつくも、再び昌平が15分に突き放し、昌平が14-7とリードして前半を折り返す。

後半の先手は深谷、11分トライ、ゴールを決め再び同点に追いつくが、すぐに15分昌平がリードする。しかし、20分深谷が粘りを見せ三度追いつき、21-21の同点。

ここまで、両者トライ、コンバージョンゴールのミスなく得点を挙げる。

流れが動いたのが後半25分。昌平はゴール正面15mでペナルティを得、残り時間と点差を考え、ペナルティゴールを選択、これを決めて3点差をつける。これで逃げ切りかと思われたが、終了間際から深谷のフォワード陣の猛攻が始まる。プレーが切れたらノーサイドという状況でフォワード陣のラックがじわじわと前進し、37分トライを決め逆転勝ち、昨年の雪辱を果たした。深谷は2年ぶり10度目の優勝。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう