今日から始めるラグビー観戦!

今回はラグビー観戦をしたことがない初心者向けにラグビーの基礎知識を紹介します!
ラグビーには様々な種類があるのですが、日本で行われている主なラグビーは「15人制ラグビー」と「7人制ラグビー(セブンズ)」です。日本で一般的に「ラグビー」といわれているのは15人制ラグビーのことです。
この2種類のラグビーの違いを交えながら、基礎知識を学んでいきましょう。
まずはそれぞれの競技の見どころです。

・15人制ラグビー
ラグビーと言えばタックル!激しいコンタクトプレーと熟練した連係プレーで相手を抜いたときは興奮すること間違いなしです。

・7人制ラグビー
スピーディーな展開が面白い!15人制と同じ広さのフィールドを7人でプレーするため、コンタクトプレーが少なく、キレのあるランプレーや華麗なパスプレーを楽しめます。

 

1.試合時間を知ろう!

試合時間

15人制ラグビー 7人制ラグビー
大学生・社会人 高校生 決勝以外 決勝
前半 40分 30分 7分 10分
ハーフタイム 10分以内   ※トップリーグは12分以内 5分以内 1分 2分
後半 40分 30分 7分 10分

※ラグビーは規定時間を過ぎてもプレーが続いている場合は、得点、反則(スクラム/フリーキックで再開する反則)、ボールがタッチラインの外にでるなどによってプレーが止まるまでは終わりません。
7人制ラグビーはたった14分だけ!?と思いましたか?14分ですが想像以上に疲れます!あの広いグラウンドをたった7人で走り続けなければいけないのでかなりの体力が必要です。
1日に1チームあたり2~3試合行うことが可能なため、オリンピックや国体等の短期間の大会で採用されています。

 

2.ラグビーって何人でやるの?

ラグビーは1チームの出場人数が多いスポーツで15人の選手が出場します。グラウンド内には両チームあわせて30人ものプレーヤーがいるため、広いグラウンドも少し狭く感じるかもしれませんね。

試合人数

  15人制ラグビー 7人制ラグビー
大学生・社会人 高校生
試合出場 15人 15人 7人
リザーブ(控え) 8人 10人 5人
合計(登録人数) 23人 25人 12人

ラグビーは背の高い人、低い人、体の大きい人、小さい人、足の速い人など1チームに様々な選手がいます。それぞれにあったポジションがあり、どんな選手でも活躍することができるスポーツです。

ラグビーには一時的交代の制度がある
ラグビーは戦術的交代のほかに一時的交代が認められています。一時的交代が認められる場面というのは止血を行うときです。しかし、15分以内にプレーに戻ることができない場合は正式な交代となります。
また、HIA(脳しんとう)などのチェックを受ける場合も一時的交代が認められており、この場合は10分以内にプレーに戻ることができない場合は正式な交代となります。

 

3.得点方法っていっぱいあるの?

得点はトライのほか、キックでも入ります。キックは3種類に分類されます。それぞれ入る点数も違うので、少し難しいかもしれないですね。

得点

得点方法 点数 内容
トライ 5点 相手陣インゴールの地面にボールをつけるとトライです。
コンバージョンゴール 2点 トライ後に与えられる追加得点のチャンス。トライした地点から自陣に向かいまっすぐ下がった一直線上の好きな位置から蹴ることができます。
ペナルティゴール 3点 相手チームが反則した場合に選択でき、反則が起きた地点からゴールを狙います。
ドロップゴール 3点 プレーの最中にボールを地面にワンバウンドさせて蹴ることで、直接ゴールを狙うことができます。

得点シーンでのキックの蹴り方は「プレースキック」というボールを置いた状態から蹴る方法と「ドロップキック」というボールを持った状態からワンバウンドさせて蹴る方法があります。
ドロップゴールはドロップキックでしか狙うことはできませんが、コンバージョンゴールとペナルティキックは、プレースキック、ドロップキックのどちらでも構いません。

★動画で覚えよう★

・「トライ

・「プレースキック

・「ドロップキック

 

4.イエローカードとかレッドカードってないの?

ラグビーもサッカーと同様にイエローカードやレッドカードがあります。サッカーと違う点はイエローカードで一時的退場が命じられることです。

ラグビーではイエローカードにより、一時的退場となることを「シンビン」といい、反則の繰り返しや危険なプレー、スポーツマンシップに反する行為をしたときに出されます。

シンビンになった選手は決められた位置での待機が命じられ、コーチやチームメイトとの接触は禁止されています。

シンビン(一時的退場)

15人制ラグビー 7人制ラグビー
大学生・社会人 高校生
退場時間 10分間 7分間 2分間

ラグビー基礎知識を紹介しましたがいかがでしょうか?ルールなど難しい部分もあるとは思いますが、大丈夫です。一緒に少しずつ覚えていきましょう!
まずは1度、ラグビー観戦に行ってみましょう。テレビで見るのも良いですが、オススメは生観戦です。選手の声やぶつかり合う音、会場全体の熱気など会場に行かないと感じられないものがたくさんあります。
最近では、どんな反則が起きたか場内の大型ビジョンに映し出されたり、アナウンスしてくれる会場が増えてきているので、初心者の方でも見やすい環境が整えられてきています。ルールが分からなくても大丈夫です。まずはラグビーの迫力を味わいに行ってみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう