日本vs南アフリカ 準々決勝  パブリックビューイング(熊谷荒川緑地公園ラグビー場) ラグビーワールドカップ2019™日本大会 決勝トーナメント – [熊ラグ]ラグビーファン、市民が創る”ラグビー応援”サイト「熊谷ラグビー応援団」
News イベント ラグビーワールドカップ2019™関連情報

日本vs南アフリカ 準々決勝  パブリックビューイング(熊谷荒川緑地公園ラグビー場) ラグビーワールドカップ2019™日本大会 決勝トーナメント

2019年10月20日、熊谷荒川緑地公園ラグビー場にて、ラグビーワールドカップ2019™日本大会、決勝トーナメント準々決勝のパブリックビューイングが開催された。
このグラウンドは、先の台風19号の被害により冠水し、大量の石が散乱してしまった。
このまま大勢の来場者がグラウンドに入り、石を踏みつけてしまうと土の中にめり込み除去が困難になってしまう、ということがパブリックビューイング開催前から、荒川緑地を管理する会社より情報が拡散されていた。

15時の開場から集まってきた全ての来場者は、観覧用にビニールシートを敷く前に、まず配られたビニール袋にグラウンドの石の回収に協力した。

まず、準々決勝の第3試合の ウェールズvsフランスの試合が上映された。
続いて、 日本vs南アフリカ。
試合開始後、先制トライを許すも、ペナルティゴールを返し3-5、僅差で日本が南アフリカを追う形で前半を折り返す。
後半、日本の劣勢が続き、なかなか得点に至らず、徐々に点差が広がっていった。
健闘虚しく3-26で南アフリカに敗れ、日本は4強への進出はならなかった。

しかし、日本はラグビーワールドカップ初の8強入りで、その活躍はラグビーファンだけでなく、多くに日本国民の心に感動を届けた。
ここ熊谷では、ワールドカップ前のチャレンジカップの日本vs南アフリカ戦、そしてワールドカップの本戦3試合、1次リーグのパブリックビューイング、そして決勝トーナメントと、日本代表にだけでなく、参加国、全ての来場者に、埼玉・熊谷はいつも温かく、暖かく、熱かった。

帰路につく来場者から、自然と感謝とねぎらいの言葉が発せられていた。
ありがとう、ラグビー日本代表の選手、スタッフ、そして全てのワールドカップ参加国の選手、スタッフにも。

ラグビーワールドカップ2019™日本大会も残すところ、準決勝と3位決定戦、決勝の4試合のみ。
強豪国の戦いに、将来日本が加わることを重ねて、さらに応援を続けたい。

Special

ラグビータウン熊谷を盛り上げるステキな取り組み大募集!

外国の方と楽しくコミュニケーションがとれる簡単で便利な英語のフレーズを紹介します。

ラグビーのルールや素朴な疑問、豆知識などをわかりやすく紹介します。

Sponsored