いつでも相手を思い チームプレー! – [熊ラグ]ラグビーファン、市民が創る”ラグビー応援”サイト「熊谷ラグビー応援団」
タグラグビー

いつでも相手を思い チームプレー!

熊谷ラグビー場のおひざ元にある熊谷市立熊谷西小学校(水庭桂子校長、児童558人)。タグラグビー全国大会予選「サントリーカップ中関東ブロック大会」に4年連続出場するなど、タグラグビーの強豪校です。

2019年に地元で開催されるラグビーワールドカップ大会に向け、地域情報を掲載したパンフレット作りや「海外から来た人をおもてなししよう」と茶道、華道などにも熱心に取り組んでいます。

この日は、女子ラグビーチーム「アルカスクィーン熊谷」の公家明日香、末結希、鈴木陽子3選手が同校を訪れ、ラグビー授業を行いました。

「ノックオン」「スローフォワード」などの基本ルールを、フリップを使ってクイズ形式で子どもたちにわかりやすく伝え、楽しく学んでいました。

公家選手は「子どもたちに教えることで、私達も勉強になります」と話していました。  

 

熊谷ラグビー応援団は、全国大会を目指す熊谷西小を継続的に取材し、タグラグビーを通して子どもたちの成長を追いかけようと思います。  

 

Special

ラグビータウン熊谷を盛り上げるステキな取り組み大募集!

外国の方と楽しくコミュニケーションがとれる簡単で便利な英語のフレーズを紹介します。

ラグビーのルールや素朴な疑問、豆知識などをわかりやすく紹介します。

Sponsored