仲間を生かす 熊谷市立奈良小学校 – [熊ラグ]ラグビーファン、市民が創る”ラグビー応援”サイト「熊谷ラグビー応援団」
タグラグビー

仲間を生かす 熊谷市立奈良小学校

今回のタグラグビー教室は、全児童数347人の熊谷市立奈良小学校。女子ラグビークラブ「アルカス熊谷」の選手とコーチが先生で、生徒は5年生59人です。 腰に付けた帯(タグ)を捕る基本練習に始まり、パスの回し方、連携して相手の守備をかわす練習へとレベルを上げ、最後は子供たちとコーチ陣の対戦で終了した。

コーチ陣は子供たちに「仲間を生かすプレー」を熱心に指導し、子供たちは、それに応えるようにパス回しが上手くなっていった。 担任の先生は「タグラグビーで学んだ『協力すること』は、学校生活の中でも生かせる」と感想を話していました。

今年、熊谷市内で始まったタグラグビー教室。回数を重ねるごとに、教える選手、コーチ陣がドンドン教え上手になり、子供たちの笑顔がそれに比例して増えていってます。

Special

ラグビータウン熊谷を盛り上げるステキな取り組み大募集!

外国の方と楽しくコミュニケーションがとれる簡単で便利な英語のフレーズを紹介します。

ラグビーのルールや素朴な疑問、豆知識などをわかりやすく紹介します。

Sponsored